2017年04月29日

鳥谷をはずせ

ho1.jpg

ミスだらけの惨敗でしたね。致命傷は9回のあの場面、
得点3−3で、1アウト1・2塁からのショートゴロを
北條は三塁方向へ逆走して取った。
セカンドに送ってもゲッツーはない。そこで三塁で1つ
殺そうとしたのだが、鳥谷が突っ立ったままベースをカ
バーしようとしていない。北條はフリーズして投げられ
ず満塁にしてしまった。

試合後、三塁にどう入るかの打ち合わせをしていなかっ
たと鳥クソ(鳥谷)はほざいたそうだが、おまえは草野
球のつもりなのか。1点もやれない場面で、ゲッツーが
取れないと判断して三塁へ送ろうとした北條は正しいし、
打ち合わせなどなくても三塁をカバーするのが鳥クソの
仕事だろう。
突っ立ったまま1歩たりと動いていない鳥クソは、もは
やタイガースに不要の選手だ。連続試合出場の記録が欲
しいだけならスタメンからはずして、どっかで代打で使
ってやればいいし、ここ数試合まったく打てていないの
だから、それで守備にやる気がないと、もはやいない方
がいいってことになる。

北條にもミスはあったが若手だからしょうがない。それ
をカバーするのがベテランだろう。
ショートを北條に奪われて『俺ならセカンドへ投げてゲ
ッツーで終わらせるのに、北條のヘボ』とでも言いたい
のか? 
おまえごときじゃ北條より遅いし、ますます無理だね。

打てないのはしょうがないとしても、昨シーズンも守備
のドジで散々イライラさせられた。金本監督に懲罰交代
をお願いしたい。さもないと去年の再現になってしまう。
大和にFAで逃げられないためにも、サード大和でいい
のではないか。
それと中谷の守備は高山よりもはるかに巧い。だとした
ら高山レフトというのも考え直したほうがいいかもしれ
ないよ。

ミスとボーンヘッドとチョンボの集大成のような試合は
かんべんしてくれ。
posted by 岡崎潤 at 23:09| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対中日甲子園



気になるのは福留の不調。そのほか、まあまあの状態だろうね。
キャンベルは外寄りは打てる。内角攻めに対してどうかだ。
鳥谷は去年のスイングに戻った感じだ。打てる気がしない。

今日は相手バルデスだが、この勢いでいただきましょう!
posted by 岡崎潤 at 08:38| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

13歳なんだよ



なんとなく、人生を反省したくなる歌声だ。(笑)
posted by 岡崎潤 at 15:03| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筒香、おはよ。



藤浪のバカタレが、せっかく寝てた怪物を起こしてしまった試合。
センター方向に、なんのことはないライナー性の当たりがそのま
ま入ってしまう、まさしく怪物のホームランでしたね。

キャンベル。HRは期待しないほうがいいだろうが、なかなかい
いバッターだと思いましたよ。7回のレフト前フライヒットです
が、外寄りの球を、タイミングが合っていないにもかかわらず遅
れて出てきたバットに載せて運ぶような打ち方に思えた。あの場
面は2アウト三塁で4−2からのダメ押しの得点だった。勝負強
い打者と言えるだろうし、ある程度の打率は残せると感じたね。
ファーストの守備も下手ではないし、本人いわく外野が得意らし
いので高山の代わりでもいいだろうし。

ヒーローインタビューは糸井、キャンベル、ドリスだったが、昨
日のヒーローは上本だよ。打って守っての活躍だった。今年の上
本はキレていると感じる。凡打したって相手投手に何球も投げさ
せてからの凡打だから、2番打者の仕事はしていると思う。

ただ深刻なのは高山、原口の不調だよ。高山は明らかにスイング
がバラバラだし、いかにもスランプといった感じだ。気になるの
は、内角球に対して体ごとくるりと回ってしまうような体さばき
をすることだ。足の踏ん張りがきかず、上体のヒネリではなく下
半身の回転になってしまっている。
それと鳥谷も。打席で打てそうな気がしない。去年の鳥谷に戻っ
てしまった気がするよ。

ベイとの三連戦は雨で1つ飛んでしまった。2連戦は怖いんだよ
ね。2ゲーム差になっちゃうから。1−1の展開に持ち込めたの
はよかった。
今日はメッセで中日戦。名古屋ドームで負け越した借りはきっち
り返してやりたいところ。3連勝といきましょうや!
posted by 岡崎潤 at 09:27| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

青春だよな

posted by 岡崎潤 at 12:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする